ステップファミリー

バツイチ同士で付き合うために必要なこと〜どういう視点で見ればうまくいく?〜

バツイチ同士が付き合う話 (

 

ぎふ
ぎふ
ぎふ(@gihu2musumeokan)です。

 

わたしは血の繋がりがない8歳の娘と、同い年の奥さんと3人で暮らしています。

 

わたしたち夫婦に共通しているところは、お互いバツイチ同士ということです。

参考:プロフィール

夫婦生活に失敗したことで、お互いが心に深い傷を負っていました。

このままずっと1人で生きていくのか…。

 

そんなときに、あることがきっかけで今の奥さんと娘と家族になることに。

ぎふ
ぎふ
心の傷が全て癒えたわけではありません。
おかん
おかん
それでも幸せなセカンドライフを送っています。

今回は、わたしたちがどういうコミニュケーションをとり、どのようにして惹かれあったかをお話したいと思います。

 

  • バツイチ同時が恋愛に発展するまで
  • 子供がいるバツイチならではの考え方が決め手

 

これから読んでいただく内容が、バツイチ同士で恋愛を考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

運営者プロフィール運営者プロフィール・Twitter(gihu2musumeokan

 

 

バツイチ同士が恋愛に発展するまで

バツイチ同士が恋愛に発展するまでわたしと奥さんが一緒になったのは3年前。

バツイチ同士のわたしたちが、恋愛にまで発展できた理由はこんな感じ。

  1. もともとお互いを知っていた
  2. お互い一緒になる想像ができた
  3. 距離を縮めていった

順番に解説していきます。

 

①もともとお互いを知っていた

わたしたちは同じ会社で出会いました。

同い年ということで、話も合うしノリも一緒なので最初から仲がよかったです。

  • 趣味の話
  • お子さん(現娘)の話
  • アホみたいな話

こんな感じで仕事以外の話もたくさんしていたのを覚えています。

当時からアホだったんですね、奥さん。

 

よく話すことで、お互いの価値観もそれなりに理解していました。

ぎふ
ぎふ
だから付き合ったときの想像がしやすかったよね。
おかん
おかん
いやその前に、アホってなんやねん。

 

ぎふ
ぎふ
…ね?
おかん
おかん
…いや、全員アホやん。

 

 

②お互いが一緒になる想像をしていた

話すことで価値観を共有していた2人。

お互いが「一緒になったらいい家族になれそうだなぁ」と感じでいました。

具体的にはこんな感じ。

  • 毎日笑って過ごせそう
  • 話さなくても楽な関係でいれそう
  • お互いを尊重できそう

天真爛漫な性格の彼女なら、毎日を楽しく過ごせそうだなぁと思いました。

 

また、感覚的なもので気まずい空気感がでない部類の人でもあったのです。

喋らなくても一緒にいて楽な友達を想像してもらえればいいかなと思います。

 

バツイチ同士なので、お互い失敗しているところも大きかったですね。

同じ痛みを共感できる存在だったので、お互いが相手を尊重できる人でした。

バツイチ同士で恋愛するメリットが気になるかたは以下をご参考ください▼

 

③距離感を縮めていった

一緒になる想像ができてきた2人。

次第にプライベートでも会う機会が増えてきて、お互いの距離感が縮まってきました。

  • 自宅に招かれ3人でご飯
  • 自宅で子どもとトランプ
  • 友達も呼んで自宅飲み

このような、プライベートの空間で会うことにより、職場では見せない「素のお互い」を知ることができたのです。

 

さらにはお子さん(現娘)と遊んだり、話したりすることで、子供との距離も縮まりました。

子供との距離の縮め方はなかなか難しくって、実際に彼女と付き合ってからも一苦労。

※詳しくは連れ子と仲良くなる9STEPを参照

 

ともにプライベートな時間を過ごすことで、一気に距離感が縮まったのです。

ぎふ
ぎふ
夜な夜なお酒飲んだりトランプしたよね。
おかん
おかん
仕事では見れない一面が見れたのが良かったね。

 

④ダメなところをあらかじめ見れた

距離を縮めた3人。

奥さんに関しては、良い面だけではなくダメな面も見せてくれました。

  • よく寝てしまう
  • 意外と片付けができない

一度寝るとなかなか起きなかったり、意外と部屋が散らかっていたり…。

 

そういう少し抜けたところに惹かれてしまうことってありますよね。※バカ

ここでも「素の自分」を出してくれてるんだなといい風にとらえました。

 

ここまでくると、もはや家族を擬似体験している錯覚に陥ってきたのです。

ぎふ
ぎふ
このときは完全に一緒になりたいという気持ちになってましたね。

 

シングルマザーならではの考え方が決め手

シングルマザーならではの考えが決め手

一緒になりたいと考え始めた2人。

とはいえ、子供がいることでなかなか踏み出せない状況も続きます。

そんななかで、一緒になろうと思った決め手がいくつかありました。

  • 誰かといられる時間が嬉しい
  • 旦那がいるのは贅沢という考え
  • 支えたいと思わせてくれた

ハッとさせられた。

 

①誰かと過ごす時間は嬉しい

子供以外は1人の時間が多い奥さん。

私と会うようになって、1人の時間が私と過ごす時間に変わりました。

 

  • 夜一人で見る恋愛ドラマ時間
  • 子供が寝たあとの一人晩酌
  • 話す相手が誰もいない

これが、

  • ドラマで擬似体験ができる時間
  • 自分のこと、将来の夢を飲みながら語る時間
  • 子供の成長を身近で共有できる相手ができた

このように変化したのです。

 

親にとって1人の時間は大切です。

なぜなら、常に「親」「妻、夫」の立場でいると気疲れしてしまい、家族にも影響が出てしまうからです。

参考:1人時間の作り方

ただ、「妻・夫」の立場で気疲れするのはあくまでパートナーがいる場合ですよね?

 

ともに過ごす相手がいることは基本的にポジティブなことが多いです。

彼女にとっての1人寂しく感じていた時間は、私と過ごす楽しい時間になったのです。

ぎふ
ぎふ
物事に対して共感できる相手ができて安心したよね。
おかん
おかん
そうだね。価値観を共有できて嬉しかった。

 

②旦那がいるのは贅沢だ

3人で過ごす時間が増えたわたしたち。

ある日奥さんから出たこの言葉が、わたしの胸にとても突き刺さりました。

 

自分(奥さん)と子供を支えてくれる人がいることは当たり前じゃないです。

わたしにとって旦那さんがいるのは贅沢。

素敵な旦那さんがいるだけで幸せと思うべきだと思います。

 

子供を作るかどうかで揉めた、前妻との話をしたときにでた言葉でした。

 

子供には親が2人いるべきです。

しかし、夫婦にとって必ずしも子供は必要なのでしょうか?

 

子供が欲しい、欲しくないで離婚する夫婦も少なからずいます。

まさにそれが原因で離婚したわたしにとって、「旦那がいるだけで幸せに思うべき」という考えは全く頭にありませんでした。

この人となら親としてはもちろん、夫婦としても素敵な関係を築けると確信したのです。

ぎふ
ぎふ
「旦那がいるのは贅沢」この言葉がきっかけで一緒になろうと思いました。

 

③支えたいと思わせてくれた

わたしにはない考えをもった彼女。

そんな彼女のことを次第には支えてあげたいと思うようになっていきました。

 

天真爛漫な性格の彼女は、本当に一緒にいて楽しい素敵なお母さんでした。

でも実際のところ子育ては簡単ではなく、苦しい日々も過ごしていたのです。

参考:5歳の娘ができたパパのお話

 

5年間ワンオペで育児をしてきた彼女のことをだんだんと理解していきました。

頑張っている人を見ると、何か力になってあげたいなと思うときってありませんか?

 

子育てに仕事に頑張っている彼女。

そんな彼女のことを、わたしが支えないといけないと強く思わせてくれたのです。

ぎふ
ぎふ
1人でよく頑張ったよね。
おかん
おかん
もし今も1人だったら娘はどうなってたかわからない。ありがとうね。

 

まとめ:バツイチ同士、簡単ではないけど一緒になれて良かった

バツイチ同士一緒になれてよかったバツイチ同士で付き合い結婚した2人。

 

付き合うまでに発展できた理由は

  • もともとお互いを知っていた
  • お互い一緒になる想像ができた
  • 距離を縮めていった

この3つです。

 

そして付き合う決め手となったのは

  • 誰かといられる時間が嬉しい
  • 旦那がいるのは贅沢という考え
  • 支えたいと思わせてくれた

この3つです。

 

決して簡単ではないけれど、奥さんと一緒になったことは結果的に正解でした。

なぜなら、

  • 奥さんが心から支えたい相手になったこと
  • わたしを親にしてくれたこと

この2つがとても大きかったからです。

 

もし新しい人と一緒になりたいバツイチの方や、シングルの方がいれば、相手探しのご参考にしてもらえれば幸いです。

 

まだまだ夫婦、親としても未熟な2人。

 

お互いが支え合うことで、家族全員が幸せになれるような家庭を気付いていきたいです。

 

いつの日か、苦しかった日々が笑い話になるように。

 

 

おしまい。

 

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村