ブログ運営

アドセンス審査に通らない理由は?7回落ちた経験談【1〜2回目の振り返り】

アドセンス体験記【1〜2回目】

 

  • アドセンス合格できない
  • 挫けそうで辛い
  • どんな対策をしたか知りたい

そんな方にオススメな記事です。

 

ぎふ
ぎふ
ぎふ(@gihu2musumeokan)です。

 

先日、8回目のGoogleアドセンスに申請して、広告サービスを受けられるように。

そのときのまとめ記事をまだ読んでない方はこちらから▼▼

Google アドセンスに合格した話
【アドセンスに落ちまくる】審査8回目で通った対処法とは?アドセンスが通らないのはあなたのせいじゃない。ブログ初心者がまずチャレンジする「Google AdSense」に8回目の審査でようやく通りました。何十回目も受ける必要はない?筆者が8回目で受かった理由を解説しています。...

 

今回はその初期の初期、1〜2回目のアドセンス申請についてお話します。

合格してから振り返り、やっておいた方が良かったなぁと思うこともに触れています。

 

この記事はこんなことが分かります。

  • 最初からやるべきことは?
  • どんなところでつまづいた?
  • アドセンスに関係なくやることは?

 

わたしのように8回も申請することが無いように、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ちなみに…

 

まず、わたしのブログテーマは「家族・子育て」がメインです。

専門性が問われるジャンル。

YMYL(Your Money or Your Life)に引っかかる可能性があり、なかなか難しかったです。

YMYLの詳しい説明はこちらを参照に▼▼

シバログ:YMYLジャンルとは?

 

そして、わたしが使用しているワードプレステーマは「JIN」です。

テーマが違う場合、操作方法が異なる可能性があるのであくまでご参考までに。

 

 

アドセンス申請1〜2回目に行ったこと

Googleアドセンスとは

ブログを始めて収益化するための第一歩として必ず合格したいGoogleアドセンス。

 

申請1〜2回目。

記事数と文字数は以下の通りです。

  • 記事数:5〜10記事
  • 文字数:2,500〜3,000文字

 

そして、基本的に必要とされる以下の内容はすべて反映済みで申請しました。

  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 問い合わせ
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

参考1:T部長
「プライバシーポリシーと免責事項の書き方」

参考2:ヒトデブログ
GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの設定」

 

それ以外に意識して行ったことはこちら。

  1. ブログデザインの設定
  2. カテゴリー分け
  3. アイキャッチ画像の設定

順番に見ていきます。

 

①ブログデザインの設定

まずは読者が見やすいサイト設計からです。

 

ワードプレステーマJINには、トップページをデフォルト設定できる機能があります。

その機能で「それなりにおしゃれ」なトップページを作成しました。

参考にした動画はこちらです。

Cocoonの方:それっぽいブログデザインにする方法(Cocoon)

動画を参照に、1時間くらいで簡単に設定ができました。

 

アドセンス申請において、ブログの操作性はとても大切です。

どこになにがあるか分からないサイトは、ユーザーが使いにくくなります。

 

Googleは使いにくいサイトを評価しません。

なので、最初のトップページ設定は必ずやらなくていけない大事なことです。

ぎふ
ぎふ
最初は操作方法も分からないので、動画通りに作成していきました。

 

②カテゴリー分け

トップページ設定を進めていったわたし。

ある程度書きたいジャンルが決まっていたのでカテゴリーも4つ作成

  • 夫婦
  • 育児
  • 暮らし
  • 書籍

こちらも例にならってトップページ設定の動画を参照につくりました。

 

つくった理由は、トップページ設定と同様に操作性を重視したからです。

ぎふ
ぎふ
カテゴリーができると一気にブログ感がでました。

 

もし5記事程度でアドセンス申請をするならカテゴリーは設定しない方がいいです。

※詳しくは後半で解説していきます。

 

 

③アイキャッチ画像の設定

大枠のトップページ設定は終わりです。

実際に記事を書いていく中で、アイキャッチ画像を設定しました。

 

意識したのはこの2つです。

  • サイトの操作性
  • アイキャッチ画像のくせ付け

アイキャッチ画像は読者の目(eye)引きつける(catch)効果があります。

サイト設計では、読者が読みたい記事まで誘導する必要があるのです。

 

アイキャッチ画像を設定することで、読みたい記事までの導線ができます。

読みたい記事までたどり着ける=操作性がいいので、アドセンスにおいてアイキャッチ画像は設定しておくべきです。

 

記事のアイキャッチ画像は写真ACを使用。

無料登録で1日5件まで画像検索ができます。
※同じ検索回数内ならダウンロードし放題

著作権フリーな画像が無料で手に入りますよ。

参考:写真AC公式サイト

 

ぎふ
ぎふ
アイキャッチを設定してないブロガーさんはいないので、はじめからくせ付けしとくといいですね。

 

アイキャッチ画像のサイズは

「横:1200px 縦:630px 」

がオススメです。

 

また、サイズが大きすぎるとうまく表示されなかったりサイトが重くなります。

画像サイズを圧縮するサイトはこちらです。

サイト:TinyPNG公式サイト
参考資料:TinyPING使い方

 

 

今だから思うアドセンス申請時の反省点

アドセンス反省点1

上記のような対策をして挑んだアドセンス。

残念ながら1〜2回目は申請が通らずに悔しい思いをしました。

 

当時は知識もスキルも乏しく、どう対策していいか手探りの状態でした。

しかし1〜2回目をふまえ、今だから思うやっておいた方が良かったこともでてきたのです。

  1. カテゴリー分けは最初のうちはやらない
  2. 記事に体験談、オリジナリティを出す
  3. 記事の各見出しに画像を入れる

一つずつ解説していきます。

 

①カテゴリー分けは最初のうちはやらない

例にならってカテゴリー分けをしました。

ただ、5記事程度で申請しようと考えているならカテゴリー分けはしない方がいいです。

 

アドセンスには、コンテンツの最小要件という項目があります。

コンテンツの最小要件要は、1つのコンテンツに対して十分な量の情報があるかということですね。

 

カテゴリー分けをすると、その分情報が分散されます。

もし1つのカテゴリーに1記事しかないとコンテンツ不足と思われる可能性があります。

 

最低でも1カテゴリーに2記事以上は入れておきたかったですね。

ぎふ
ぎふ
わたしは1つも記事がないカテゴリーがあったのでアウトでした。

 

②記事に体験談、オリジナリティを出す

記事を書くときに注意すれば良かったこと。

それは、体験談やオリジナリティを意識した記事を書くことです。

 

読んだ本や資料を参考に、自分の記事を書くことがありました。

そうすると、意識していないのに資料と内容が似てくることが多々あったのです。

  • 言い回し
  • ワード
  • 言葉遣い

ここら辺が似すぎると、コピーコンテンツと判断されアドセンスには不利です。

 

自分の体験談はもちろん、他の記事や本を読んだら

  • 自分はどう行動したか
  • それによってどうなったのか

この2つを「自分の言葉」で表現することが大事です。

そうすれば、自ずと類似率が下がりコピーコンテンツの疑いも少なくなります。

 

よく「〜です」と言い切りましょうと言われることがあります。

読者目線だと言い切った方が信憑性があっていいと思います。

 

ただ、自分の体験談を書くときは、

「わたしはこういう意図で〜をしました。するとこうなったのです」

のような書き方がおすすめです。

 

その方がより体験談っぽく聞こえますし、文章も読みやすくなります。

 

ぎふ
ぎふ
読みやすい文章を心がけましょう!

 

③記事の各見出し(H2)に画像を入れる

アイキャッチ画像は設定していたわたし。

記事内の各見出し(H2)にも先に画像を設定しておけば良かったなぁと思いました。

 

なぜならオリジナリティが出てコピーコンテンツの疑いが減るからです。

 

画像は、各見出しに書かれてる内容が何かを分かりやすくする効果があります。

見出し画像があると無いとでは、読み手の印象も違うんです。

 

たとえば、

見出し画像サンプル

お母さんが子供を抱いて笑っている画像。

 

これは、シングルマザーが不安を取り除いた安堵の表情をイメージしてます。

見出しとリンクさせてるのがポイントです。

 

次は、

見出し画像サンプル2

こちらは、結婚したことを表しています。

 

画像の見出し前の本文は、まだ結婚してない内容が書かれていました。

この画像をみれば、「ああ、ここからは結婚してからの話なんだ」と読者は思います。

 

見出しに書かれている内容とリンクさせて、イメージを沸かせるといいですね。

 

※ちなみに、当ブログのアイキャッチ・見出し画像はすべてCanvaで作成しています。

参考:簡単にアイキャッチ画像が作れる5つの方法
出典:ちゃきちゃきコアラ生活ブログ

 

こんな感じで、最終的に各H2見出しには画像を入れることになりました。

ぎふ
ぎふ
最初からやっておけば楽ですね。

 

まとめ:すぐできるアドセンス対策はあらかじめやっておこう

できるアドセンス対策はやっておいたほうがいいアドセンスに7回落ちたうちの1〜2回目をまとめてみました。

 

マストな設定は、以下の通りです。

  • プライバシーポリシー
  • 到底商取引法に基づく表記
  • 問い合わせ
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

 

4つの設定にプラスして意識したポイントはこの3つでした。

  1. ブログデザインの設定
  2. カテゴリー分け
  3. アイキャッチ画像の設定

 

実際に落ちたときは、なぜダメだったのか正直わからなかったです。

ただ、振り返ってみると最初からやっておけばよかったと思うことがでてきました。

それはこの3つです。

  1. 5記事以下はカテゴリー分けしない
  2. 記事に体験談、オリジナリティを出す
  3. 記事の各見出しに画像を入れる

 

まだまだ対策はあります。

3〜7回申請したときの対策は、ダイジェストですが以下の記事でご紹介してます。

Google アドセンスに合格した話
【アドセンスに落ちまくる】審査8回目で通った対処法とは?アドセンスが通らないのはあなたのせいじゃない。ブログ初心者がまずチャレンジする「Google AdSense」に8回目の審査でようやく通りました。何十回目も受ける必要はない?筆者が8回目で受かった理由を解説しています。...

 

詳しい内容は随時更新できればと思います。

アドセンスの申請が通らないと、自分が否定されてるようで辛いですよね。

 

そんな辛い思いをしているひとが一人でも減るといいなと思います。

ぎふ
ぎふ
次回もお楽しみに!