レビュー・雑記

マンカラって何?自作もできる「知育」に最適なボードゲームを解説!!

マンカラって 何ですか?

 

  • マンカラって何?
  • マンカラってなんで人気なの?
  • マンカラ高くね?自作できるの?

そんな方にオススメの記事です。

 

ぎふ
ぎふ
ぎふ(@gihu2musumeokan)です。

 

「マンカラ」ってご存知ですか?

 

1年前くらいに娘が突然「マンカラ欲しい」と言ってきました。

え、マンカラって何?絶対名前間違えてるだろ…と思いながら調べたら…。

 

 

ありました。普通に。

 

学校でめちゃくちゃ流行っているらしく、家でもやりたいとのことでした。

正直なところ、どういう遊びかも分からないので買うのに躊躇していたら

 

「箱とおはじきでできるよ」

 

その娘の一言で、マンカラを家にあるモノでつくることに!!

 

今日のテーマはマンカラです。

  • マンカラの基本情報がわかる
  • 自作でマンカラをつくる方法がわかる
  • 本物と自作、結局どっちがいいの?

こんな内容になってます。

 

結論、最終的にはマンカラは正規のものを購入するといいです。

その理由も書いてますので、お時間あればぜひご覧ください。

 

それではいきましょう!

1年前のおかん
1年前のおかん
(マンカラって連呼してるけどなんやそれ…)

 

マンカラとは?

マンカラメイン画像そもそも、マンカラとはいったい…?

という方へ簡単にご説明します。

  1. マンカラとは?
  2. マンカルのルール

順番に見ていきましょう。

 

①マンカラとは?

マンカラとは

紀元前から世界中で遊ばれてきた対戦頭脳ゲームで、最古のボードゲームのひとつと言われている。

アフリカや中近東、東南アジアで古くから親しまれ、遊び方は世界各地で100種類以上あるとされている。

出典:トイザらス公式サイト

 

マンカラは紀元前から遊ばれている最古のボードゲームです。

 

石とボードを使って単純なルールのもと、子供から大人まで楽しめるボードゲームなのです。

ぎふ
ぎふ
「マンカラ」はアフリカ語で「動く」を意味しています!

 

②マンカラのルール

古くから遊ばれているマンカラ。

シンプルなルールがゆえに頭を使って戦略を練るため、知育玩具として好まれています。

 

使うものはシンプルでこの2種類。

  • 石(おはじきみたいなガラス玉)
  • ボード

 

ここで簡単なルール説明です。

もっとも有名な「ベーシック」ルール!

マンカラボード説明
  1. 小さいポケットに4つずつ石を入れる
  2. 進行方向に向かって自分の陣地の石を各ポケットに1個ずつ移動させていく
  3. 「GOAL」にぴったり入ったら②に戻り石を移動させる
  4. 相手陣地で石が止まったら相手のターンになる
  5. 最終的に自分の陣地が空になったらWIN!!

 

実際に動かしてみるとこんな感じ。

マンカラの基本動作動画

動かした石は各ポケットに一個ずつしか置けないというところがポイントです。

 

この動作をくり返し、

マンカラ終わり方

最終的に自分の陣地を空にしたら勝利

 

ちなみにこのゲームは、自分の石をいかに相手より早く無くすかを考えます。

  • 何個あればGOALに入るのか
  • 小さいポケットに何個貯めればGOALに入るか

など、頭の中で先読みすることで脳の活性化に繋がります。

 

子供の計算する力や一時的な記憶力も鍛えられる知育玩具なのです。

ぎふ
ぎふ
種類によっては子供だけじゃなくて親も楽しめます。

 

詳しいルールが知りたい方はこちら▼▼

 

マンカラの種類・価格帯

マンカラの種類知育玩具としても人気のマンカラ。

 

種類豊富で、幼児でもできるモノや、大人数でできるモノもあります。

  1. はじめてに最適なマンカラ
  2. 幼児が数を数える勉強できるマンカラ
  3. 家族全員で楽しめるマンカラ
  4. 番外編「世界のアソビ大全51」by switch

この4種類をご紹介します。

 

①マンカラ・カラハ(2,000円)

はじめてのマンカラにオススメ。

 

「マンカラ・カラハ」です。

 

はじめての方にオススメな理由はこちら。

  • 価格が2,000円前後と安価
  • もっともベーシックなルール
  • 丁寧な説明書付き

もっともベーシックなマンカラです。

 

価格も安く、オーソドックスなボードを使うので初心者には最適です。

 

説明書にはたくさんのルールが書いてあり、丁寧に説明されてます。

誰でもわかるような説明なので、親子で理解して子供と楽しく遊べますよ。

ぎふ
ぎふ
我が家はこれ!はじめての人にはベストなマンカラでした。

 

②「プラントイ」マンカラ(3,000円〜)

幼児の数を数える勉強にオススメ。

 

「プラントイ」のマンカラです。

 

幼児にオススメな理由はこちら。

  • デザインがかわいいから子供が喜ぶ
  • 石(にんじん)やマスの数が少ないから簡単

石とボードのポケットが少ないところが特徴。

数をまだ習っていない3〜5歳くらいの子におすすめなボリュームとデザインです。

 

小学生にあがり、算数を習い始めた子にはボリュームが少なく退屈に感じるかもしれません。

あくまで3〜5歳くらいの子がいるご家庭にオススメなマンカラです。

ぎふ
ぎふ
楽しみながら数を数える勉強ができるのはいいね。

 

③マンカラ・パーティー(5,000円〜)

家族全員で楽しめるマンカラ。

 

「マンカラ・パーティー」です。

 

オススメな理由はこちら

  • 4人同時対戦だから家族で楽しめる
  • ボードを変形できるのでルール豊富

正直カタチが凄すぎてよく分かりません。(笑)

 

遊び方はこちらの動画をご参照ください。

ルールが覚えられたら面白そうですね。

 

デメリットは価格が5,000円以上と高いところです。

ボードの部屋がたくさんあるので、純粋に高くなっています。

 

一人っ子のご家庭ならここまでポケット数はいらないかもしれません。

しかし、お子さんが数人いるご家庭であれば、一度にみんなでプレーできます。

 

みんなで遊べることを重視するなら、パーティに手を出してみてもいいでしょう。

ぎふ
ぎふ
家族の誰かができなくでケンカ…がなくなりそうだね。

 

④番外編「世界のアソビ大全51」by switch

マンカラは任天堂Switchでも遊べます。

 

こちらは界のアソビ大全51」です。

 

この「世界のアソビ大全51」は、世界の様々なボードゲーム51種類が気軽に遊べるゲームなのです。

 

マンカラはもちろんのこと、有名どころだと

  • 麻雀
  • 将棋
  • チェス

など、大人も楽しめるゲームを搭載。

 

マンカラ以外も楽しめるので、Switchを持っている方はゲームがおすすめですよ。

ぎふ
ぎふ
夫婦時間でも楽しめそうだよね。
おかん
おかん
家族はもちろん、友だちを呼んでも楽しめそうだね。

 

マンカラは自作できる?

マンカラは自作できる種類豊富なマンカラ。

 

とはいえ、やったことない遊びに2,000円以上も使いたくない!!

という方にオススメなのは自作のマンカラです。

  1. 卵ケースでマンカラ
  2. プラスチックケースでマンカラ
  3. 床でマンカラ

 

家にあるもので簡単にできちゃうのが、紀元前からあるマンカラの強み。

順番に見ていきましょう。

 

石の代わりになるおはじきは事前に準備しておきましょう。

100均やネットでも簡単に手に入ります。

 

 

①卵ケースでマンカラ

卵ケースでマンカラを自作

卵ケースをマンカラのボード代わりにしました。

蓋部分を大きいポケットにすれば、不自由なくマンカラできます。

 

石がボードのポケットからこぼれてしまうかもしれないので、卵ケースのサイズはLサイズがおすすめです。

 

よく洗ってください。
サルモネラ菌注意です。

 

②プラスチックケースでマンカラ

プラスチックケース 出典:楽天市場

仕切りのあるプラスチックケースをボードにするのもおすすめです。

 

100均などにいけば必ず売っています。

仕切りを外せるタイプなら、大きいGOALもつくることができますね。

 

卵ケースよりちょっとお金がかかりますが、本格的にやるならプラスチックケースがおすすめです。

 

出来るだけポケットが広めなケースを選びましょう。

小さいと石が溢れてやりづらいです。

 

③床でマンカラ

床でマンカラ画像

これぞ自作マンカラの真骨頂。←

床全面を自由自在に使ってマンカラしてみましょう。

 

実質、おはじき代だけでマンカラができます。

直接床でやるのが嫌であれば、紙やタオルを敷いてやっても全く問題ないです。

 

とにかくお金をかけたくない人にオススメです。

 

なんとなくポケット位置を決めておかないと勢いでぐしゃぐしゃになります。

 

自作マンカラのデメリット

マンカラのデメリット超低コストで子供と楽しめる自作マンカラ。

実際につくってみて、残念ながらデメリットも少しでてきました。

 

デメリットはこの3つです。

  1. 音がうるさい
  2. 管理が大変
  3. 愛着が湧かない

最終的にはこれらの理由で子供が本物を欲しがりました。

 

①音がうるさい

家にあるモノでつくれる自作マンカラ。

石がケースに当たる音を不快に感じてしまうかもしれません。

 

ボードに使うモノといえば、

  • プラスチックケース
  • 缶箱

この2つが多いと思いですよね。

 

石をボードの各部屋に移動させるときに、勢いよく動かします。

そのとき、ボードに石が当たる音があまり気持ちよくないのです。

 

プラケースや缶箱を落としたときの音を想像してみてください。

「ガシャ!」って不快音に心臓がキュッてなったことはありませんか?※語彙力

 

不快な音を繰り返し聞いていると、大人がストレスを感じます。

ですので、自作マンカラの音に関しては、デメリットの一つと言えるでしょう。

 

ぎふ
ぎふ
結局、音が気になって本物を買ったよね…。
おかん
おかん
イライラしてるときは音で余計にストレスだった。笑

 

②管理が大変でストレス

自作マンカラは管理が大変です。

具体的には、専用のケースなどが無いため、保管に困りストレスが溜まります。

 

本物には、以下のような付属がつきます。

  • 専用の箱
  • 折り畳みできるボード
  • 石をボードの中にしまえる大きさの袋

 

ボードの中にまとめて、最後に箱にしまえば管理が楽なのです。

 

しかし、自作だと箱がありません。

場合によってはむき出しでおもちゃ箱にしまうことになります。

 

そうすると

  • ボードが破損する
  • 石を無くす
  • 強度が心配でゲームに集中できない
  • おもちゃ箱が散らかる

と、親子ともにストレスが溜まります。

 

ですので、管理するうえでも本物のほうがストレスを溜めずに遊べるのがと言えます。

 

ぎふ
ぎふ
最終的にボードの仕切りが大破して終わったよね。
おかん
おかん
そのときの娘の悲しい表情が忘れられない…。

 

③愛着が湧かない

自作マンカラは低コストで簡単につくれます。

しかし、言い方が良くないですが、ゴミからつくるので愛着が湧きません…。

 

作りたてのころは遊ぶことに夢中になります。

しかし、使っていくうちに音が気になり管理が大変な自作マンカラを見て、

 

「本物ほしいなぁ…。」

 

という気持ちに子供はなります。

 

本物のボードは、

  • 木材でできててかわいいデザイン
  • 石もおはじきみたいでキレイ

持ってるだけで愛着がわきます。

 

しかも、ボードに石が当たる「カツッ」て音がめちゃくちゃ気持ちいいのです。

 

幼いうちは自作で良いかもしれません。

しかし、子供がホンモノを見た瞬間、

  • かっこいい!
  • かわいい!
  • ホンモノ欲しい!

この感情に心奪われ、最終的には本物を買うことになります。

 

ぎふ
ぎふ
我が家も結局買いました。(笑)

 

まとめ:自作でマンカラになれたら最終的には本物を

マンカラセット画像娘の学校で大旋風を巻き起こしたマンカラ。

 

マンカラには、以下のような特徴がありました。

  • 子どもの知育玩具としておすすめ
  • ルールもシンプルで純粋に楽しい
  • 大人も楽しんで遊べる
  • 大人数でできるものもある

 

マンカラにはさまざまな種類があり、年齢や人数によって使い分けができます。

  • ベーシックなマンカラ・カラハ
  • 幼児向けの「プラントイ」マンカラ
  • 4人対戦できるマンカラ・パーティ
  • 世界のアソビ大全51

 

少しお値段が気になる方は、家にあるもので自作もできます。

  • 卵のパック
  • プラスチックケース
  • 缶箱
  • なかったら最悪床でもOK

 

我が家は結局のところマンカラ・カラハを買うことになりました。

 

子供自体は学校でやっていたりするのでルールは慣れています。

 

そしてなにより子供めっちゃ強い。

 

親がルールを覚えるために、まずは自作で子供たちと遊ぶのも全然ありだと思います。

自作でなれてみたら本物をあげてみてもいいかもですね。

 

子供の知育にもなり、家族で楽しめるボードゲーム「マンカラ」。

まだやったことない人は、まず自作からチャレンジしてみてください。

 

そして楽しそうなら、ぜひ本物を買って家族で楽しい休日を過ごしましょう!!

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村