レビュー・雑記

【レビュー】無電源で繰り返し使える除湿器〜ZepanのZPCSJ−02〜

Zepanコードレス除湿器

  • 梅雨時期の湿気対策に最適なモノを知りたい!
  • 水が溜まる除湿剤以外に何かないの?
  • 毎回除湿剤を買うのがめんどくさい!

そんな方にオススメな記事です。

ぎふ
ぎふ
ぎふ(@gihu2musumeokan)です。

新築戸建てを去年購入したわたし。

住み始めて1年目、梅雨の湿気に苦しめられました。

2020年、梅雨のジメジメは異常でしたよね。

クローゼットがジメジメになったり、靴にカビが生えてしまったり…。

水が溜まる除湿剤を買っては水がすぐ溜まり、また買っては水がすぐ溜まりのくり返し。

参考:水とりぞうさんは梅雨時期に必須?

今年は同じ思いはしたくない!

ということで、思い切ってコードレス除湿器を購入しました!!

その名も、Zepanの「ZPCSJ−02」!!

今回は、Zepan除湿器の「特徴」「メリット・デメリット」をまとめてご紹介いたします。

メリット・デメリットを知ればこんなことが実現できます。

  • 梅雨時期にストレスのない湿気対策
  • 節約しながらの湿気対策
  • 対策しながらおしゃれ?な部屋に

正直わたしは買って本当によかったです。

それでは参りましょう!

よくご家庭で使用される「水が溜まるタイプの除湿剤」と比較しています。

用途や機能性は似ています。

しかし、圧倒的に無電源除湿器が優れている点をお伝えします。

無電源で繰り返し使える除湿器「Zepan ZPCSJ−02」とは?

Zepan除湿器画像

今回紹介するZepanの無電源(コードレス)除湿機。

こちらは2021年6月現在の最新モデルとなっています。


※しかもスペア2本付き

こちらの機能性をザクッと紹介!

  1. 無電源でどこにでもおける
  2. 除湿面積は水取り式の約3倍
  3. 何度でも繰り返し使える
  4. 何度でも使えるから節約になる
  5. 安全性を保障するPSE認証取得済み

順番に見ていきます。

①無電源でどこにでもおける

Zepan本体画像

ZPCSJ−02本体画像

Zepanの除湿器「ZPCSJ−02」。

最大の特徴はコードレスでどこにでもおけるというところです。

電源式で稼働する除湿機は、パワーはありますが置く場所が限られてしまいます。

ところが、ZepanのZPCSJ−02はコンセントいらずでポンっとおくだけなのです。

コンセントがいらないので、

  • クローゼット
  • 湿気に弱い精密機器まわり
  • 湿気に弱い紙の材質のもの

電源の差込口がないところでも簡単に置くことができます。

ぎふ
ぎふ
これなら和室の押し入れとかでも気兼ねなく置けるね。
おかん
おかん
カメラとか好きな人にも良いんじゃないかな?

②除湿面積は水取り式除湿剤の約3倍

Zepan除湿範囲比較

出典:NILE楽天市場店

どこにでも置けるZepanの除湿器。

除湿面積は、水取り式の除湿剤が1畳なのに対してZPCSJ−02は3畳です。

水取り式に比べて、約3倍という広範囲で除湿効果を発揮します。

  • ウォークインクローゼット
  • リビング横に隣接してる和室(3畳くらい)
  • トイレ
  • お風呂の脱衣所

などなど、3畳ほどのスペースであれば、これ一本で安心して湿度を減らすことができるのです。

ぎふ
ぎふ
クローゼットの服がジメジメしてると嫌だよね。
おかん
おかん
これを置けば着るときもカラッとしてて良かった。

③何度でも繰り返し使える

広範囲で効果を発揮するZepanの除湿器。

電源に繋げて乾燥させることで、なんと繰り返し使うことができるんです!

本体の中に除湿ペレット(ビーズみたいなやつ)が入っています。

その除湿ペレットが湿気を吸うと、写真のように色が変わっていくのです。

除湿ペレット画像

出典:NILE楽天市場店

2週間くらいでペレットが黒くなります。

黒くなったら乾燥するタイミングですね。

乾燥の仕方は至って簡単。

コンセントを挿した付属の乾燥機に、本体をはめてスイッチを押すだけです。

電源マークを押す

①電源マークを押す。

緑になったら乾燥開始

②自動で乾燥スタート。

白く点滅したら乾燥終了

③乾燥が終わると白く点滅して待機モードに。

これだけで、新品同様に繰り返し使うことができるのです。

乾燥時間2時間
電気代/回1.5円

電気代もほんとに大したことないので、抵抗なく乾燥できますね。

ぎふ
ぎふ
乾燥も自動で終わるから電気代の心配がいりません。
おかん
おかん
仕事いく前にやっておけば帰ってきてすぐ使えるね。

④何度でも使えるから節約になる

乾燥させれば何度でも使えるZepanの除湿器。

繰り返し使えることで、コストを抑えることができるのです。

こちらの表をご覧ください。

【9畳の部屋でそれぞれ4年間使用した場合の使用量】
※湿度の高い6〜9月の4ヶ月で算出。
 水取り式除湿剤Zepan ZPCSJ−02
除湿面積1畳/個3畳/個
価格(税込み)56円7581円
9畳で使う量9個※504円3個※7581円
4年間の使用量144個3個
電気代※4年間0円144円※1
4年間合計金額8064円7725円

※1 2週間に1回充電で1.5円×3本を4年間で算出。


このように、
年間使えば通常の水取り式除湿剤よりコストを抑えられます

それ以降は電気代しかかからないので、計算するまでもなくおトクなのです。

注目すべき点は、水取り式だと4年で144個買わなきゃいけないところです。

もし湿度が予想より高かったら、水取り式の個数は確実に増えます。

そう考えると、くり返し使えるZepanのほうがコストは安くなるでしょう。

ぎふ
ぎふ
長く使えば使うほどお得だね。
おかん
おかん
電気代もこんなに安いと思わなかったよね。

⑤安全性を保障するPSE認証取得済み

繰り返し使うと節約になるZepanの除湿器。

法律で「この電化製品は安全」と保障されるPSE認証を取得済みです。

「PSE」とは、電気用品の安全確保について定められている法律である「電気用品安全法」を指します。

出典:PSEの基礎知識

Zepanの除湿器は、熱を使って乾燥させます。

その熱の温度によって、ヤケドしてしまうリスクがないことを証明しているのです。

※乾燥時の本体温度は30度〜40度なので、多少温かく感じます。

ぎふ
ぎふ
法律で安全保証されてるなら安心して使えるね。
おかん
おかん
温度もわかってるから触ってもビックリしないね。

無電源除湿器「ZPCSJ−02」を使ってみた感想、メリットは?

Zepanコードレス除湿器のメリット

以下のような特徴をもつZepanの除湿器。

  • 無電源でどこにでもおける
  • 除湿面積も広い
  • 何度でも繰り返し使える
  • 節約になる
  • 安心・安全

使っていくうちに、無電源除湿機ならではのメリットがでてきました。

そのメリットはこの3つです。

  1. 手間が減るのでストレスが溜まらない
  2. 置くスペースを考えなくていい
  3. インテリアとしても使える

順番に解説していきます。

①手間が減るのでストレスが溜まらない

初期設定などは特になく、封を開けた瞬間から何も考えずに使えます。

また、一度買ってしまえばあとは乾燥させる動作以外ほぼやることはありません。

水取り式除湿剤だとこんな手間が増えます。

  • 買いに行く手間
  • パッケージから取り出す手間
  • 使い終わった容器を捨てる手間

Zepanの除湿器は、この全てが無くなります。

繰り返す使えることで、節約だけでなくストレスも無くせるのです。

ぎふ
ぎふ
水取り式は、使い終わった容器をどうするかで悩んだよね。
おかん
おかん
そういう無駄な手間が一気になくなったのは嬉しかったね。

②形がスタイリッシュだから置くスペースを考えなくていい

見ての通り細くスタイリッシュな形です。

そのため、置くスペースを開けなくても隙間があればポンっと置くことができます。

たとえばクローゼットなら、

場所をとらないZepan

こんな僅かなスペースでも簡単に置くことができます。

横幅のある水取り式除湿剤だと、置くスペースを作るために他のものをどかす手間もでてきますよね。

スタイリッシュなZepanの除湿器なら、スペースを作る手間を省くことができるのです。

ぎふ
ぎふ
ちょっとしたスペースがあれば、どこにでも置けるね。
おかん
おかん
ほんと便利だよね!

③見た目がオシャレだから置いても部屋のイメージを崩さない

スタイリッシュでコンパクトなデザイン。

他のインテリアや部屋のイメージを崩すことなく飾れます。

オーバーな話、

Zepanは置き場を選ばない

まぁ、ここには置きませんが(笑)

他のインテリアと並べても違和感ないくらいオシャレな形ですよね。

水取り式除湿剤だと、かなり「それ」感がでてしまい生活感が丸出しです。

Zepanの除湿器は生活感を出さずに「おしゃれと除湿」を同時にできる優れものなのです。

ぎふ
ぎふ
コンパクトだから愛着が湧いたよね。
おかん
おかん
水取り式だと愛着は湧かないもんね。

無電源除湿器「ZPCSJ−02」のデメリットは?

Zepanコードレス除湿器のデメリット

機能性もありメリットも多いZepanの除湿器。

正直なところ、デメリットらしいデメリットはそこまでありません。(笑)

強いて言うなら、この2つかなと思います。

  1. 除湿されてるか体感しずらい
  2. 乾燥がめんどくさいと感じる人もいる

順番に説明します。

①除湿されているか体感しずらい

水取り式除湿剤と比べ、ほんとうに除湿されているのか体感しずらいです。

水取り式は、水が溜まっていくことで除湿されてる感がでます。

とりぞうさん画像

出典:四方山商店

それにくらべ、Zepanの除湿器はペレットのカラーだけで判断するため、水が取れてる感が薄いです。

とはいえ、100mm吸収するとペレットの色が変わることは立証されてます。

給水力もご覧の通り

Zepanの吸収力

出典:NILE楽天市場店

問題なのは、吸水できてるイメージが持てないことです。

先入観を捨てれば慣れてくるでしょう。

ぎふ
ぎふ
とはいえ、クローゼットの湿気っぽさは体感で無くなったと思います!

②乾燥がめんどくさいと感じる人もいる

除湿されることは立証できているZepan。

2週間経つとペレットの乾燥をしなくてはいけないのは変わらない事実です。

  • 2週間に1回は除湿器を確認する
  • 充電器を挿して、除湿器を挿し込む
  • 乾燥が終わったか確認する

この動作をめんどくさいと思う人も少なからずいるかと思います。

解決方法は、

  • 乾燥する曜日を決める
  • 充電器の定位置を決める
  • 朝に乾燥させたら夜戻すでいい

こんな感じで、「乾燥させる日」「乾燥させる場所」を決めると楽です。

また、2時間経てば自動で乾燥も終わってるので、自分のタイミングでもとに戻せば解決できますよ!

ぎふ
ぎふ
うちなんか気付いたら乾燥→戻すって感じだよね。
おかん
おかん
うん。ずぼら管理でも全然いいよね。

まとめ:繰り返し使えておしゃれなZepanはマストBUY

おしゃれに並ぶZepanコードレス除湿器

梅雨時期にでてくる湿気の悩み。

Zepanのコードレス除湿器で、湿気によるカビやジメジメ感の心配がだいぶ減りました。

ZepanのZPCSJ−02の特徴はこの5つです。

  1. 無電源でどこにでもおける
  2. 除湿面積は水取り式の約3倍
  3. 何度でも繰り返し使える
  4. 何度でも使えるから節約になる
  5. 安全性を保障するPSE認証取得済み

そして、メリットはこの3つ。

  • 手間が減るのでストレスが溜まらない
  • 置くスペースを考えなくていい
  • インテリアとしても使える

ジメジメした季節は、なぜかイライラしてストレスが溜まりますよね。

ちなみに革靴なども湿度に弱くカビてしまうことがあります。

そんなときはカビ取りクリーナーでカビを除去することも可能です。

カビを除去したうえで、靴箱を乾燥させるのもありですね。

湿気対策に悩み、余計にストレスを重ねるくらいなら、思い切ってコードレス除湿器にチャレンジすることをオススメします。

Zepanのコードレス除湿器「ZPCSJ−02」で、湿気と一緒にそのストレスも吸収してもらいましょう!!

 
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ お洒落な暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村