七五三撮影は早めに!おすすめ撮影サービス>>こちらから

    【デジャヴ?】娘の誕生日に2年連続内緒でディズニーに連れてった話〜義父と娘と頻繁におかん第14話〜

    義父と娘と頻繁におかん14話

    私は、血の繋がりがない娘と奥さんと3人で暮らすごくごく普通のパパです。

    赤の他人だった私たちが家族になっていく姿を描いた「ぎふ(義父)物語」。

    血の繋がりがない私たちが家族になるまでの物語「ぎふ物語」はこちらから。

    ぎふ物語
    関連カテゴリー:「ぎふ物語」

    義父物語第14話は、「娘の誕生日サプライズ」です。

    おかん

    なんか聞いたことあるって人もいるかもね。(笑)

    ぎふ

    実は去年もサプライズやってるんだよね。

    関連記事:【サプライズ】娘の誕生日に内緒でディズニーまで連れていった話〜ぎふと娘と頻繁におかん第12話〜

    そう。実は昨年、カジサックさんの動画をきっかけに、かなり壮大な誕生日サプライズをやったのです。

    去年やっちゃったからには今年もやらなくては…という謎の使命感に駆り立てられたぎふ夫婦は、今年もやりました。

    娘のお泊りディズニーサプライズを。

    ぎふ

    「さすがに気付けよぎふ娘」という声は置いといて、
    サプライズ誕生日のお話をするよ。

    おかん

    最後まで呼んでいただけると嬉しいです。

    運営者プロフィール 31歳アパレル内勤 離婚経験あり 血の繋がりがない娘と暮らして4年 ブログにて「ぎふ物語」執筆中

    運営者プロフィール・Twitter(gihu2musumeokan

    目次

    昨年やったサプライズディズニーの成功

    冒頭でお伝えしたとおり、昨年はじめて誕生日サプライスというものをやりました。

    去年のサプライズ内容

    部屋を装飾して娘をお出迎え
    行き先を伝えずにそのまま舞浜へ
    現地ではじめてディズニーいくと伝える
    ホテルで誕生日ケーキをサプライズ

    文字で起こしただけでも伝わるレベルの壮大なサプライズをしてしまったぎふ夫婦は、追い込まれていました。

    ぎふ

    今年は何をしたらええんや…。

    私と一緒になる前も、誕生日には必ずディズニーに行っていた奥さんと娘。

    とりあえずディズニーに行く前提で話を進めていましたが、今年は緊急事態宣言解除に伴う混雑で、なんとチケットが取れない緊急事態。

    ぎふ

    やばくね?今年もしかしていけない?

    おかん

    まぁ、落ち着けぎふよ。私を誰だと思っている。

    奥さんによると、パークチケット付きのホテルを予約すれば「チケットが完売」している日もディズニーで遊べるとのこと。

    ぎふ

    さすが姉御ぉ!!抜かりないっすね!!

    おかん

    おう。敬え旦那よ。

    そんなこんなで無事チケットを手に入れた私たちは、今年の作戦を練ることにしたのでした。

    まだ昨年の誕生日サプライズを読んでない人は「【サプライズ】娘の誕生日に内緒でディズニーまで連れていった話」をご参照ください。

    義父と娘と頻繁におかん12話
    -ぎふ物語第12話-

    今年の作戦

    チケットは無事とれたぎふ夫婦ですが、去年のせい(おい)でハードルが上がりきってしまい、何をしたら良いか途方に暮れていました。

    ぎふ

    去年やってなくて、舞浜付近でできること…。

    おかん

    うーん…あ!!水族館いく??

    ぎふ

    葛西臨海水族館か!!!いったことないもんね!!!

    おかん

    そうそう!舞浜方面にいく口実にもなるし。(笑)

    奥さんの機転が利いたおかげで、舞浜にいく口実を見つけられたぎふ夫婦はこんな作戦を立てました。

    朝起きたら部屋が装飾されてる
    予定通り水族館にいく
    モノレールに乗って雰囲気楽しむ
    途中下車して驚く娘
    お泊りディズニーサプライズ

    ※注:今回は、土曜日〜月曜日の3日間に渡っての長期サプライズです。①初日は装飾サプライズ②2日目は水族館からのお泊りサプライズ③3日目はディズニーサプライズ

    ポイントは、何事もなかったかのように「降りるよ」って言ってモノレールを途中下車すること。

    ぎふ

    なんで降りたのかわからず混乱している娘の様を見たかったんだよね。(笑)

    おかん

    うん。絶対おもろいよ。降りてもギリギリまで伝えないから。

    ホテルへ泊まることを伝えたのちに、イクスピアリに行って娘の大好きな「一風堂」のラーメンを食べに行くおまけつき。

    これで喜ばなかったら育て方を間違えてしまったことになります。ええ。

    ぎふ

    サプライズ内容を考えてるときは、やっぱり親も楽しいよね。

    おかん

    楽しい。娘の喜ぶ顔を想像しながら考えるからだと思う。

    ディズニーに行けないと知った娘の反応※一部抜粋

    ここで「ディズニーにはいけない」と言われた娘の反応をまとめてみました。

    ーーーーーーー言われた当日ーーーーーーー

    えー!ディズニーいけないのかぁ…。

    水族館いけるなら…あとラーメンは絶対食べたい。

    ーーーーーーーーー数日後ーーーーーーーーー

    本当に泊まれないんだよね?しょうがないんだよね?

    モノレールからディズニー見えるかなぁ…。

    ーーーーーーーそのまた数日後ーーーーーーー

    ねぇ、月曜日学校休むんだよね?なんで?

    おかん

    びょ、病院にいくんだよ。足の。
    あと市役所行かないといけなくて。
    ※足の怪我が治ったばっかの娘

    そっかぁ…。学童で誕生日会あったのに…。しょうがないかぁ…。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    健気。(泣)

    ぎふ

    もう言っちゃうか?(泣)

    おかん

    ダメだよ。

    本番前日

    娘に疑問を抱かれながらも、ようやく迎えた本番前日。娘が寝てから部屋の飾り付けをスタートしました。

    昨年は誕生日当日に学校があったので、昼間まで装飾する時間がありました。しかし今年は誕生日当日が土曜日だったため、起きて来る前に装飾をしなくてはいけません。

    こんな感じで奥さんと深夜まで装飾をして、本番当日に備えました。

    -去年の誕生日でやった装飾-

    去年はだいぶラグジュアリーな雰囲気だったので、今回は色味を可愛らしく意識。

    ぎふ

    娘はどんな反応をするかワクワクしながら装飾してたよね。

    おかん

    うん。眠かったけど娘が喜ぶならって思ったよ。

    本番初日

    とうとう迎えた本番初日。

    いつも通りの時間に起きてきた娘。娘の目の前には、昨年同様「お祝いの装飾」が広がっていました

    -今年の装飾-

    わぁ…かわいい!!ラプンツェルカラーだ!!

    ぎふ

    これはね、昨日パパとママで夜中つくったんだよ。どう?うれしい?

    そうなんだ!うれしい!

    昨年同様に喜ぶ娘の姿を見て、胸をなでおろすぎふ夫婦。

    まずまずといったところで奥さんは仕事にいき、娘はお婆ちゃんと誕生日プレゼントを買いに出かけてしまいました。

    ぎふ

    装飾された部屋には私1人。なんで?

    本番2日目

    サプライズでお泊りディズニーを決行する本番2日目。

    そうとも知らず水族館へ行く準備を進める娘を横目に、お泊りセットを準備する私。

    服持ってくの?※バレるぎふ

    ぎふ

    そ、そう。途中でメルカリに発送するのよ。(汗)

    苦しい言い訳でしたがなんとかごまかせた私たち。いざ葛西臨海水族館へ。

    おかん

    前日に用意しといてくださいよ、ぎふさん。

    ぎふ

    すみません。

    葛西臨海水族館

    無事バレることなく出発できたぎふ家は、葛西臨海水族館へ向かいました。

    でも、荷物が重いため、舞浜で降りてホテル直通の預かり所に荷物を預けることに。

    ぎふ

    よく気づかないわな、ホントに。

    その足で、水族館についた私たち。水族館自体は予想よりもクオリティが高く、家族全員大満足でした。

    -水族館近くの海岸-
    -水族館前にあった謎の綺麗な人口湖-
    -マグロの水槽-
    -マグロに見惚れる娘-

    水族館だけでなく、周りの施設や自然も楽しめて、心が癒やされましたね。

    ぎふ

    最近仕事も忙しかったから、余計に心が浄化されたなぁ。

    おかん

    素敵な時間だったね。

    モノレールで打ち明ける 

    葛西臨海水族館で楽しんだ私たちは、モノレールに乗るために再び舞浜に行きました。

    モノレールだ!!!…ディズニーランド見えるかなぁ…。

    ぎふ

    すぐ横を通るから見えると思うよ。(くくく…明日そこに行くんだよ。)

    おかん

    先頭の席、空いてるといいね。(ププ…笑っちゃダメだ。)

    モノレールで揺られること数分ーーーーーーーーー……

    場内アナウンス「次は、リゾートゲートウェイ・ステーション(ホテルの駅)」

    ぎふ

    娘、降りるよ。

    …?????

    ぎふ

    スタスタ…※無言で歩くぎふ夫婦

    ねぇ、どこ行くの!?

    ぎふ

    ホテル泊まりに行くんだよ。

    …え??

    おかん

    明日ディズニーランドいくよ。

    ……。

    ええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

    今回もリアクション芸人だったらオファーが耐えないレベルで驚いてくれた娘。※12話参照

    でもさ、月曜日病院とか市役所って…。
    あと荷物舞浜駅に預けちゃってるよ?

    ぎふ

    もうホテルに荷物届いてるよ。

    ……。

    ええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!※2回目

    ここまで何回もバレそうになりながらも、今回の反応でまったく気づいてなかったんだと安心した私と奥さん。

    「嘘ついたでしょ。」
    「人を幸せにする嘘はついていいの。」

    そんな会話をしながら私たちぎふ家御一行は「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ」へ向かったのでした。

    ぎふ

    今年の誕生日はどうでしたか?

    楽しかった。

    思い出ぽろぽろ

    今年も去年の誕生日同様に200枚近く写真を撮った私たち。

    その中でもいい思い出だなぁと思った写真たちを抜粋しました。

    -葛西臨海公園の東京湾を背景に-
    -葛西臨海水族館前の謎の人口湖-
    -娘が大好きなラーメン屋「一風堂」-
    -ディズニーランドの入り口-
    -抽選で当たったショーを見るぎふ家-
    -アイスを一緒に食べる筆者と娘-
    – ビックサンダーマウンテンに見惚れる娘-
    -シンデレラ城に向かう親子-
    ぎふ

    当時の思い出が鮮明に蘇ります。

    やっぱりサプライズは家族にとって素敵な思い出になる

    昨年に引き続き誕生日サプライズを成功させた私たちぎふ家。

    毎年訪れる誕生日、何か特別なことをしてあげたい一心で準備を進めてきました。

    色々と手の混んだサプライズでしたが、子供を喜ばせるのは何もサプライズの大小ではありません。

    • パパとママが頑張ってくれた
    • 家族で一緒に楽しめた

    その2つだけでも、娘が分かってくれたらいいのかなと私は思います。

    娘が結婚して子供ができたときに、「そういえば、昔パパとママが誕生日にサプライズしてくれたなぁ」と思い出してくれたらそれでいい。

    自分の子供のために、自分なりのサプライズをして、子供との絆を深めてくれたらそれでいい。

    そう思います。

    ぎふ

    今回のサプライズも大成功!!!

    おかん

    …来年はどうしようかな。(汗)

    血の繋がりがない私たちが家族になるまでの物語「ぎふ物語」はこちらから。

    ぎふ物語
    関連カテゴリー:「ぎふ物語」

    家族で素敵な想い出を残せる出張撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」。

    関連記事:【大解剖】ラブグラフの評判・口コミは?サービス内容や料金プランを分かりやすく解説

    ラブグラフ料金プラン評判実績
    関連カテゴリー:「Lovegraph」
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次