ステップファミリー

ステップファミリーはしんどい?うまくいくには?解決策6選を解説!

ステップファミリーはしんどい?

  • 子供連れの人と再婚してうまくいかない
  • 子連れで再婚したけどうまくいかない
  • ステップファミリーがしんどい…どうにかしたい

こんな悩みを解決する記事です。

ぎふ

ぎふ(@gihu2musumeokan)です。

おかん

奥さんのおかんです。

※この記事はステップファミリーがしんどい理由と、その対策について書かれています。

既婚者の3人に1人が離婚するこのご時世、再婚するのは決して珍しいことではありません。

しかし、再婚した相手に子供がいる、あるいは子供がいながら再婚をする人はそこまで多くないです。

そんな「血の繋がらない子供と親子関係にある家庭」を、世の中ではステップファミリーと言います。

ぎふ

そんなわたしもステップファミリーです。

当ブロブの運営者であるわたしも、血の繋がらない娘と暮らしてもうすぐ5年。

飛び級で当時5歳だった娘の「パパ」になり、簡単ではない育児やコミュニケーションに悪戦苦闘しました。

そのときの感情を一言で表すと…。

「正直しんどい。」

簡単ではないのは分かっていましたが「日々成長していく娘」「頑張っても成果がでない育児」「再婚を認めてくれない周りの環境」などなど…本当にしんどかったです。

それでも必死で考えて努力をした結果、今では娘からは「パパ」と呼ばれるようになり、親子関係を築けるようになりました

ぎふ

同じように悩むステップファミリーに向けて、体験談をもとに「しんどい」の解決方法を解説します。

この記事でわかること…

この記事ではステップファミリーの6つの「しんどい」を筆者の経験を元にわかりやすく解説しています。

また、その6つの「しんどい」をどうやって解決したかも解説していますよ。

ぎふ

ちょっとネタバレ!

6つの「しんどい」

繰り返す失敗への不安
継子と仲良くなれない
家族に認められない
友達が祝福してくれない
継子同士が仲良くなれない
お金の面で不安

「しんどい」を解決する6つの方法

同じ失敗をしないように振り返る
継子とすぐに仲良くなろうと思わない
家族を納得させる将来のビジョンをもつ
友人を納得させられる幸せな家庭を築く
継子と住むタイミングを考える
お金の勉強をする

ぎふ

「6つのしんどい」が当てはまる人は、
解決方法を知って心の中の「しんどい」を1つでも解消しましょう。

運営者プロフィール 31歳アパレル内勤 離婚経験あり 血の繋がりがない娘と暮らして4年 ブログにて「ぎふ物語」執筆中

運営者プロフィール・Twitter(gihu2musumeokan

【うまくいくのは一握り】ステップファミリーの予備知識

まず、ステップファミリーとは、冒頭でお伝えしたとおり「血の繋がりがない子供」と暮らす家族を指します。

既婚者のうち、ステップファミリーの割合は全体の約10%と言われており、これは10組の夫婦のうち1組は再婚で未成年のお子さんがいる計算です。

驚愕なのが、ステップファミリーの50%は離婚してしまうという統計がとれているということ。

ぎふ

ステップファミリーが成功するのは、
そんなに簡単ではないということを頭に入れておきましょう。

子持ちの人と結婚するのは、すべての過程をすっ飛ばして「親」の自覚をもつこと。

ただでさえ育児は正解がないのに、いきなり飛び級で親になるのは、予選に出場しないでオリンピックにでるようなもの。

場数を踏まないで「親」という大一番にぶっつけ本番で挑むのはそう簡単ではないことを頭に入れておく必要があります。

ぎふ

人の「親」になるのはそれほど難しいのです。

ちなみに、継親(子供と血が繋がっていない方の親)は、無理に「親」になろうと思う必要はありません。

ステップファミリーは、うまくいけば親のような存在になれますが、そう簡単なものではないです。

ぎふ

「兄弟・親友」のような存在をまずは目指すと良いですね。

↑目次へ戻る

ステップファミリーが感じる6つの「しんどい」

6つの「しんどい」

繰り返す失敗への不安
継子と仲良くなれない
家族に認められない
友達が祝福してくれない
継子同士が仲良くなれない
お金の面で不安

ぎふ

多方面から「しんどい」が押し寄せます。

また失敗(離婚)してしまうのではないかという不安がしんどい

1つ目は、「また失敗(離婚)をしてしまうのではないか」という不安を抱くことです。

ステップファミリーの場合は、片方あるいは両方とも離婚経験者のケースが多くみられます。

ぎふ

わたしたち夫婦は両方とも「離婚経験者」です。

離婚は精神的なダメージが非常に大きく、経験した人にしか分からない苦痛があります。

その苦痛がトラウマになり、同じことが起こるとも限らないのに根拠のない不安に襲われてしまうのです。

ぎふ

わたしの場合は、本音を言えずに我慢を重ねたことが離婚原因でした。

おかん

わたしは元旦那の「育児放棄」が原因です。

関連記事:【実録】離婚するきっかけや理由は?

継子と仲良くなれなくてしんどい

2つ目は、「継子(血の繋がりがない子)と仲良くなれない」ということです。

パートナーにとってあなたは大切な人かもしれません。しかし継子にとってあなたはただの他人。

いくらあなたが「パパ(ママ)だよ。」と言っても、その子にとってはまだパパでもママでもありません。

「赤の他人」から「親」になるには、親子として育むための適正な時間が必要不可欠です。

距離感を考えずにいきなり仲良くなろうとしてしまうと、余計に子供はあなたから離れてしまい、「親子の関係」を築くことができなくなってしまいます。

ぎふ

わたしも距離感を考えずに接してしまったことがあり、
「ママが良い」って言われたこともあります。しんどい。

家族に再婚を認められなくてしんどい

3つ目は、「家族に再婚を伝えても認められないこと」です。

再婚できたことは自分たちにとって嬉しいことでしかありません。しかし、親にとっては心配ごとの種が1つ増えただけ。

もちろん祝福してくれるパターンもありますが、親としては「本当に結婚して大丈夫な人なのか」「また離婚してしまわないか」と心配になってしまいます。

その心配から、素直に喜べず、祝福されない、認められないに繋がってしまうのです。

ぎふ

一番よろこんでほしい親に認めてもらえないとしんどいですよね。

友人や職場の人に祝福されずしんどい

4つ目は、「友人や職場の人に祝福されない」ことです。

家族と同じような理由もありますが、友人や職場の人は少しだけ厄介で、先入観から祝福してくれないケースもあります。

離婚と再婚のスパンが短いと変に「不倫」を疑ったり、子供との関係性も知らないくせに「うまくいく訳がない」など噂する人もちらほらいます。

ぎふ

中には心配しすぎて素直に祝福できない人もいるので、
すべてがマイナスではありません。

それでも、再婚に対して純粋に祝福されないのは、正直しんどいと言わざるを得ません。

ぎふ

わたしも職場の人には影で「うまくいく訳がない」「親としてちゃんとできなそう」など
好き勝手に言われた経験があります。

お互いの連れ子同士が仲良くなれなくてしんどい

5つ目は、「お互いの連れ子同士が仲良くなれない」ことです。

ステップファミリーの場合、お互いに子供がいるケースも少なくありません。

お互いの子供がまだ幼ければ、友達感覚で仲良くなれるかもしれませんが、思春期を迎えているような年齢だと難しいです。

おかん

確かに、小さいうちならともかく、
ある程度成長してるとお互いどう接していいか分からないね。

ぎふ

それぞれの継子が男女だったらさらに関係性は難しくなるね。

お金の面でしんどい

6つ目は、「お金の面」でしんどくなることです。

ステップファミリーは、一度離婚して再婚しているパターンが多いです。

離婚の際に相手に対して「慰謝料」や「養育費」を支払っている場合があります。また、1人親で生計を立てている場合もあるため、お金に困っているケースがあります。

1人親からパートナーができる場合も、「1人親手当」の受給がなくなるので、医療費の負担や保育園料も一気に上がり、再婚前と同じ感覚でいるとあとあとしんどくなるかもしれません。

おかん

わたしの場合は、1人親として働きながらの育児だったけど、
正直ギリギリの生活でした。

↑目次へ戻る

「しんどい」を解決する6つの方法

「しんどい」を解決する6つの方法

同じ失敗をしないように振り返る
継子とすぐに仲良くなろうと思わない
家族を納得させる将来のビジョンをもつ
友人を納得させられる幸せな家庭を築く
継子と住むタイミングを考える
お金の勉強をする

ぎふ

「振り返ること」「伝えること」「行動すること」が重要です。

同じ失敗をしないように振り返る

「しんどい」を解決する方法の1つ目は、同じ失敗をしないように振り返ることです。

前回の失敗した原因を具体的に洗いだし、同じことをやらないようにすることが大事。

ぎふ

失敗するのは誰だって怖いし、しんどいです。

ただ、何も考えずに行動するとまた同じ失敗を繰り返してしまいます。

何がいけなかったのか、どうすればうまくいったのかをちゃんと振り返り、 次のパートナーとは繰り返さないようにするが重要です。

また、前回と相手は違うため、違う失敗をしてしまう可能性があることも頭に入れておきましょう。

ぎふ

大切なのは、パートナーとぶつかったときに「何がいけなかったのか」をちゃんと話し合うこと。
失敗したくないからしっかり話し合いを大切にしたいことも、事前にパートナーに伝えておきましょう。

継子とすぐに仲良くなろうと思わない

「しんどい」を解決する方法の2つ目は、継子とすぐに仲良くなろうとしないことです。

しんどくなる理由は、頑張って仲良くなろうとしても結果がついてこないから。

逆を言えば「なんでこんなに頑張っているのに仲良くなれないんだ」と期待を裏切られた感覚になってしまうのが原因です。

ぎふ

でも、忘れちゃいけないのは「そもそもそんな簡単じゃないよ」ということ。

であれば、はじめから良い意味で期待はせずに「仲良くなるのは難しい」とハードルは下げておくべきです。

もちろん最終的に親子の関係になれれば幸せなことですが、急がず焦らずじっくりと距離を縮めていくのが大事です。

ぎふ

わたしは、娘との距離を考えて、
時間をかけて段階的に仲良くなれるようにしました。

※段階的に仲良くなる方法は以下、連れ子と仲良くなるのは難しい?〜親子になる為の9STEP〜で体験談をもとに解説しています。

家族に安心してもらえるような将来設計をする

「しんどい」を解決する方法の3つ目は、家族安心できるような将来設計をすることです。

家族が認めてくれないのは、自分の子供(あなた)がまた悲しい思いをしてしまうのではないかと思うから。

であれば、家族が心配しないように、将来のビジョンまで伝えられる準備をしておくべきです。

準備しておくべきこ

子供との関係性・今後の距離の詰め方
お金のやりくり・資産形成※1
仕事(生活できるだけ稼げてるか)

※1 「お金のやりくり・資産形成」は後半で解説

ぎふ

「子供・お金・仕事」全てにおいて安心させられるのが一番。

そこまで考えるのが難しければ 、最低限「前回の失敗」は繰り返さないような方法を伝えられるようにしておくことが重要。

心配を取り除けば、もっとも協力的な「味方」になるのが家族というものです。

ぎふ

わたしも前回の反省を活かし、奥さんのお母さんに認めてもらいました。

関連記事:義母と息子(ぎふ)のブルース~義父と娘と頻繁におかん第17話

友人に認めてもらえるような幸せな家庭を築く

「しんどい」を解決する方法の4つ目は、友人に認められるような幸せな家庭を築くことです。

家族と同じで、友人もあなたを心配してるからこそ認められない、というよりも心配をしています。

具体的な将来設計を伝える必要はありませんが、 「今はとても幸せ」「子供とはうまくやっていこうと思ってる」「前回の失敗は繰り返さない」 くらいは言えるようにしておくと良いでしょう。

ぎふ

わたしの場合、幸いなことに否定してくる友人はいませんでした。

しかし、職場の人が祝福してくれない場合は、ある程度スルースキルは身につけたほうがいいです。

職場の人とはいえ、家族や友人と比べると心配してくれる本気度はどう考えても低いのが現実。

であれば、こちらも真に受けずに「心配してくれてありがとうございます。気をつけます。」くらい言ってその場をかわしましょう。

ぎふ

わたしたちは真に受けてしまい、結構ストレスを溜めていました。

おかん

すべてを受け流すのは難しいけど、真に受け過ぎたら身が持ちません。
長い時間をかけて「家族としてのカタチ」をつくれば自ずと認めてもらえます。

継子の年齢によって一緒に住むかは慎重に考える

「しんどい」を解決する方法の5つ目は、継子の年齢によって一緒に住むのは慎重になることです。

ある程度大きくなった子供が、新しい親を受け入れがたいのは紛れもない真実。

ましてや、ステップファミリーのパートナー同士、お互い大きい子供がいる場合はさらに難しくなります。

であれば、子供が成人したり、親の手から離れてから一緒になるというのも1つの手です。

ぎふ

パートナーと一緒になりたい理由はなんですか?

再婚したのは、「パートナーと一緒にいたいから」あるいは「子供に両親が必要」と思うから。

しかし、子供が一緒になることを拒んだら、その再婚は本当に必要なことでしょうか?

であれば、子供が巣立つまでは定期的にデートをするくらいにしておいて、あとで一緒になればいい話です。

ぎふ

親だって1人の人間。「恋」の1つや2つしたいものですもんね。

現時点で一緒に住んでいるなら、無理に家族になろうとはせずに、距離感を考えて過ごしましょう。

お互いの子供には「家族じゃなくて友達と思えばいい」と伝え、今できる最大限の家族のカタチをつくることをオススメします。

ぎふ

繰り返しになりますが、ステップファミリーはそもそもが難しい。
絶対うまくいく!と思いすぎないことが重要です。

お金の勉強をする

「しんどい」を解決する方法の6つ目は、お金の勉強をして将来の不安をなくすことです。

結構ここが重要で、お金がないと心の余裕がなくなり「家族の絆」を深めるどころではなくなります。

ぎふ

現にわたしたちも、最初の1年くらいはお金がなく苦しい日々を過ごしていました。

お金の勉強をして資産をつくれるようにすれば心に余裕ができるので、「お金がなくてしんどい」がかなり軽減されます。

ぎふ

実際にわたしが勉強したのはこの本です。

2020年楽天ブックスの年間ランキングで1位を受賞した両学長の「お金の大学」という本です。

この本を読んでわたしはこの1年間で120万円貯金することができました。

また、2019年から2021年の3年間で、320万円の資産を増やすことができています。

ぎふ

本を読んでわたしがおこなったことは主にこの3つです。

本を読んでおこなったこと

固定費の見直し
保険の見直し
資産運用(つみたてNISA)

とくに固定費の見直しは、携帯代と電気代が合わせて2〜3万円ほど安くなりました。具体的におこなったのは格安スマホへの乗り換えと、電気自由化で電力会社を安いところへ変更したことです。

ちなみに「我慢をしている」「妥協をしている」ということは一切ありません。

ぎふ

お金の勉強をすることで、「毎月の出費」を減らして、
浮いたお金を貯金したり、資産運用に回したりしましょう。
そうすれば「しんどい」が軽減されます。

↑目次へ戻る

まとめ:ステップファミリーがうまくいくには焦らずじっくり「しんどい」を解決していく

ステップファミリーが「しんどい」と思う大きな要因は以下の6つです。

6つの「しんどい」

繰り返す失敗への不安
継子と仲良くなれない
家族に認められない
友達が祝福してくれない
継子同士が仲良くなれない
お金の面で不安

ぎふ

ステップファミリーはそう簡単なものではありません。

そんな「しんどい」を解決する6つの方法は以下のとおりです。

「しんどい」を解決する6つの方法

同じ失敗をしないように振り返る
継子とすぐに仲良くなろうと思わない
家族を納得させる将来のビジョンをもつ
友人を納得させられる幸せな家庭を築く
継子と住むタイミングを考える
お金の勉強をする

ぎふ

「振り返ること」「伝えること」「行動すること」が重要です。

何度も言いますが、ステップファミリーはそんなに簡単に幸せをつかめるものではありません。しかし、努力すれば必ず前進することができます。

ぎふ

焦らずじっくり考えて、素敵な家族のカタチを見つけられるように。
心から祈っています。

血の繋がりがない私たちが家族になるまでの物語「ぎふ物語」はこちらから。

ぎふ物語
関連カテゴリー:「ぎふ物語」